ブログ応援頂ける方はポチッとお願いします。
(一日一回有効です!)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


創価大学って頭いいの?コネで一流企業に就職できるの? 

2017年10月19日

「シェア」「いいね」お願いします

創価学会が大学を設立しているのはご存知でしょうか?

東京の八王子にある「創価大学」がそうです。(ちなみにアメリカにも大学があります)

今回はそんな創価大学のお話です。

一流企業に一定数いる創価大学出身者

仕事をしているといわゆる一流企業の人とお会いすることもあるのですが、

社員のほとんどが東大や京大、慶応、早稲田と超名門大学の出身者という中に、

ちらほら創価大学出身者を見かけることがあります。

「創大」出身ですといわれて思わず「あ、早大(早稲田)ですか?」と思ってしまうのですが、

創価大学の出身者が所謂「一流企業」に一定数就職しているようです。

創価大学って頭がいいの?

創価大学の偏差値は学部によりますが43〜55くらいのようで、決して高くはありません。

わたしも大学受験のときに母が

「創価大学という世界一の大学があって、あなたでは受からないくらいすごい」

というもんなので、模試で受けたら模試ではかなり上位でA判定(受けたら余裕で受かる)がでました。

当時、地方の国立大学がC判定(受かるか微妙)だったので、やはり創価大学は昔から偏差値的には難しいわけではありません。

一流企業に務める創価大学出身者はコネ入社なの?

それなのにどうして、一流企業に就職している人がそれなりの数いるのでしょうか? コネなんでしょうか?

もちろん企業からすれば創価学会のような大きな宗教団体とコネクションをもっておくことはメリットがあります。

よく三菱系の企業は創価学会と仲が良いというような話も聞きますが、学会員から聞くと確かに多少一緒に仕事をいている例はあるみたいです。

ただ、じゃあそういう企業の担当者は創価大学出身者がやっているかというと全くそんなことはないようですし、

そもそも色んな企業とお付き合いしているので、全部をコネなんてやってられません。三菱系じゃない有名企業や外資系の有名企業にもけっこう創大生を見かけます。

創価大学の学生が、(東大や早稲田慶応とまでいわないけれど)MARCHや関関同立と比べても遜色ないレベルの企業に就職しているのは何故なのでしょうか?

創価大学生が一流企業に入っている理由

そういう人たちと話してみた私の個人的な感覚ですが、

一流企業で働いている創価大の出身者は、コネがどうとかのレベルでなくて、本当にエネルギッシュで能力が高い人が多いですね。

それで、わたしなりに考えてみたんですが、若いうちからしっかり教育されているからなのかな、と感じています。

創価大学に行くくらいなので、かなりの確率でご両親が熱心な学会員なんですが、幼いころから

厳しく創価教育を受けているんですよね。

どんな教育を受けているのか

「創価教育」ってどんなもんなの?っていうのは私もやっていないので詳しくは語れないのですが(そのうち仲のいい人に聞いてみます)

話を聞いていると、総じて彼らは高いコミュニケーション能力や困難に負けない精神力、ざっくり言えば「生きる力」を幼い時から養っているように思います。

例えば、地域の座談会に参加すると、小学校低学年くらいの子もいたりするんですが、そんな子にも大人たちの前で司会をさせたり、意見を述べさせたりするんですよ。(床やソファーでゴロゴロしていることも多いですが。)そうするとだんだん物怖じしない子になっていくんですよね。

そして、高校生、大学生くらいになると彼らは友人を折伏(しゃくぶく)したりし始めます。

創価学会キーワード:折伏(しゃくぶく)

仏教用語であり、悪人・悪法を打ち砕き、迷いを覚まさせること。創価学会では入会していない友人、知人に学会活動や法華経の話を語り、入会へ促すことをいう。折伏することは日蓮も非常に大事であると説いており、熱心な学会員が度々入会を誘ってくるのは、そういう理由からだと思われる。

要は、学会員じゃない人を入会に導くことなんですが、これがとても大変なんですよね。

考えてもみると、ある人に、

「会社のお金で商品を買ってもらう」のと、

「その人個人に新しく信仰をしてもらう」のと

どっちが難しいでしょうåか。

どう考えても、個人の意思を変えて、信仰してもらう方が難しいですよね。

彼らは若いうちからそんなことをゴリゴリやっていたりします。

なので、会社の仕事で商品を買ってもらうくらいの行為は全然苦難だと思っていないように感じます。

そして、困難があっても「この困難を乗り越えてこそだ!」という教育を受けているので、粘り強さも半端ないものがあります。

このように、

優秀な創価大学生は幼いころから、大人の前で自分の意見を述べたり、困難に立ち向かったり、友人に信仰を説いたりしているので、偏差値では図りにくいですが、生きていくのに必要な能力が抜群に高く見えるんですよね。

ちなみに、創価大学の偏差値はそこまで高くないですが、高校の偏差値は

関西創価高校67 東京の創価高等学校は70 です。非常に優秀な学生が入っている事がわかります。(偏差値は全てネット検索で出しているので、多少ブレはあると思います)

大学は裾野がぐっと広がって、色々な人が受験して入るので、偏差値が低くなっているようですが、高校時代からの入学組はかなり優秀な層が入っているといえます。

偏差値だけでは測れないユニークな教育をしている大学といえるかもしれません。

ブログを応援いただける方は
ポチッと押していただけると幸いです。

にほんブログ村