【入会後4部/第1話】またまた部長がかわる

男子部大学校で創価学会の世界観を学び、卒校したわたし。

卒校したあともマイペースに学会活動をしているので、その話を書いていきたいと思います。

部長がかわる

大学校を卒業する少し前の話ですが、
山田さんよりわたしの地域の部長さんが新しくなるとの連絡をうけました。

けいすけさん、こんにちは。今度、けいすけさんの地域の部長さんが渡辺さんから新しい方にかわることになりまして。

山田さん

 

名前

ええ、それはまた急ですね。ついこのまえ山田さんから渡辺さんになったばかりなのに。

 

はい。学会って、けっこうこういうのが急に起こるんですよ。わたしのときも突然でしたけど。

山田さん

少し前に、山田さんにかわって地域の部長になった渡辺さんが着任されましたが、そこからそれほど長い時間が経たずしてまた部長さんが変わることとなりました。学会の人事というのはけっこうドラスティックに動くようです。

それで、今度着任されるのは、以前けいすけさんもお会いしたことのある、藤田さんです。覚えていらっしゃいますか?

山田さん

けいすけ

藤田さん。。。ああー、以前、山田さんにご紹介頂いた方ですね。バリバリのビジネスマンの人ですよね

もともと、山田さんはわたしがまだ体調が万全でないときに色んな地域の方を紹介してくださっていました。そのときにご紹介頂いたうちの一人が藤田さんでした。(ブログには初登場です)

藤田さんは年はわたしと同じくらいなのですが、落ち着いてなんだか貫禄のある雰囲気の人でした。

藤田さんは創価大学を卒業されたあと、超有名外資系企業に入ったり、海外大学院にいったり、超難関資格を取得したり、とバリバリのビジネスキャリアの持ち主でした。

東京で出会う学会員にはすごい人がたくさんいましたが、同い年くらいの人の中では断トツで優秀という印象をもつ方でした。なので、会ったことがあるのは結構前に1回だけだったのですが、とても印象に残っている人でした。

そうです。その藤田さんです。それで、藤田さんを改めてけいすけさんにご紹介したいと思うのですがお時間頂けませんでしょうか。

山田さん

ああ、もちろんいいですよ。

こんなわけで、改めて新しい部長となる藤田さんとご挨拶をすることになりました。
山田さんもわたしの紹介者として同席してくれることとなりました。

新しい部長さんと対面する

学会に入ってから部長に限らず、周囲の色んな役職の方が異動をされることがありました。
大体の場合、古い役職の方はすぐに新しい地域に掛かりきりになって、
新しい役職の方がさっそく活躍されることが多いように思います。

本当は古い役職の方もそれまでの地域に色々とあいさつに回りたいようですが、
新しい地域へのあいさつまわりの方が忙しすぎて、大体手紙やメールなどでメッセージを頂くことが多かったように思います(大変ですよね。。。)

そんなわけで、今回も突然ではあるのですが早速新しい部長の藤田さんとお話することになりました。

けいすけさん、ご無沙汰しています。藤田です。
お元気にされていましたか?

藤田さん

あ、どうも。ご無沙汰しております。ええ、お陰様でその後大変元気になりました。はじめてお会いしたころはまだ体調が万全ではなかったのですが、今はすっかり元気です

それはよかった。功徳ですね。大学校も入校されたようで、そろそろ卒校ですがどうでしたか? 

藤田さん

けいすけ

そうですね。なんだかあっという間でした。

ちょっと自分が知りたいと思っていた仏法の話というよりも、池田先生の教えを学ぶという要素が強かったように思います。それでも前半は結構勉強らしい内容もあったのですが、後半はイベント準備やらなんやらをずっとやっていた印象ですね。

今年は新しい体制で大学校をはじめて1年目ということもあって、運営側も探り探りだったところもあり、申し訳ないところもありました。

山田さん

けいすけ

あ、いえいえ。たしかに思ったのと違うところはありましたが、お陰様で普段は会えない人の話を聞けたり、お話できたのは良かったです。大学校のお陰で山田さんの言っていた創価学会の世界観というのは良く感じることができたと思います。

そういってもらえると助かります。それで、卒校後の話なのですが。。。入校前にお伝えの通り、普通にいくとSかGのどちらかに入ってもらうことになる予定ですがどうでしょうか?

山田さん

ん?SかG。。。えーと。。。あ、あの話ですね!

SとGとは・・・何なのか?次回へ続きます。
(内部の人には簡単ですよね。。。)