創価学会は政教分離を破ってないの?公明党を応援していいの?

友人によく言われるのが「創価学会って政教分離の原則破っている」です。

私も以前ずっと思っていました。創価学会は憲法にも書かれている「政教分離の原則」を破っているやばい団体なのでしょうか?

憲法のいう「政教分離」の原則とは

学会アンチではない友人も、「学会の人はいい人だと思うけど、政教分離を守ってないよね」と言います。

たしかに憲法には、「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。」という文言があります。
なので「創価学会は公明党を応援してるじゃないか!政教分離違反だ!!」といって叩かれることが多いみたいです。

ところが、入会する前にテレビ解説してて「あー、なるほど」と思ったんですが

「政教分離」って「宗教団体が特定の政治団体を応援してはいけない」という原則ではないんです。

「聖教分離」とは「国が特定の宗教団体に特権を与えたり、禁止したりしてはいけない」という原則なんです。

憲法の「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならい」とは、国が宗教団体に特権を与えて、宗教団体に政治上の権力を行使させちゃいかんよ、と言っているのであって、宗教団体が特定の政治団体を応援しちゃだめ、とは言ってないんです。

あくまでも「国→宗教団体」の特権の付与を禁じていて、「宗教団体→政治団体」の応援を禁じるものではないわけです

戦時中に国が国家神道に政治的な権力を与えたことに対する戒めが原点にあって、国→宗教団体の特権付与を厳しく取り締まっているようです。

キリスト教やイスラム教が特定の政治団体を応援するということもあるはず

繰り返しですが、
憲法では宗教団体が特定の政治団体を応援することは禁止していません。

他の国をみても、キリスト教やらイスラム教だって、各宗派が各政治団体を応援していたりするわけじゃないですか。
政治家にも特定の宗教を信仰している人いますよね。
それって別に咎められていないですよね。それと一緒のことです。

ここでもし政治側が「キリスト教以外は全ての宗教を認めない」とか「キリスト教の信者のみ投票権をもつ」とかいえば、これが政教分離違反なわけです。

というわけで、
創価学会の公明党支援は法律上は問題ないと判断されているわけです。

とはいえ、
創価学会が選挙の時に及ぼす影響力は実際大きくて、いろんな意味で恐ろしい。
というのはわかる気がします。

うちの母なんかも東京都の選挙のたびに「東京に応援にいかなきゃ!」といって、関西から駆けつけては個人で選挙応援活動してますからね。
あたりまえですけど新幹線代とか宿泊費は「自腹」ですよ?

もちろん住民票は関西で本人は東京での投票ができないわけだから、
まさに応援にくるだけなわけです。
高いお金と長い時間がかかろうが、はるばるやってくるわけです。

そういう人が何千人?何万人?もいるみたいです。
それはすごい影響力だし、その様子を見ていると政教分離は問題なくても、
ちょっと怖いのはわかる気はしますよね…

関連記事です↓
公明党と創価学会ってどういう関係なの?(テレ東で池上彰がF票を話題に)

(よくある疑問シリーズ次の話はこちら

 

ブログを応援いただける方は
ポチッと押していただけると幸いです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村