友人葬って何?創価学会のお葬式はお坊さん(僧侶)は来ないの?費用は安いの?

いつもお読み頂きありがとうございます。管理人のけいすけです。

近年、結婚式では牧師さんがいて、神様の前で行う「神前式」に対して、
牧師さんを呼ばずに家族・友人だけの前で行う「人前式」というのをよく見かけます。

このような流れと同じくして、
最近はお葬式でもお坊さん(僧侶)を呼ばずに家族のみで執り行う「家族葬」というのが流行ってきているようです。

実は創価学会はこの「お坊さんなし」の葬儀を随分前からやっていました。
お坊さんではなくて、親しい人にお経をあげてもらう「友人葬」です。

創価学会の公式サイトSOKAnetでは以下のように紹介されています。

最近の葬儀は時代に合わせて、家族葬、一日葬、直葬、通夜葬など、様々な形式が取り入られてきています。
創価学会が友人葬をスタートさせたのは、1991年ごろのことです。

友人葬には遺族と友人が集いあい、法華経の方便品と寿量品の自我偈を読み、南無妙法蓮華経の題目を唱えて「まごころ」からの追善供養を行います。実際の葬儀の式次第としては、一般的な葬儀と大きく異なることはありません。
故人を送る「まごころ」を大切にする友人葬には、創価学会員ではない参列者の方からも賛同の声をいただいています。

お坊さんを呼ばないことについても触れられています。

友人葬には僧侶は呼びません。
ですから、お布施のたぐいは一切必要ありません。また、故人に戒名をつけません。
実は、葬儀に僧侶を呼ぶようになったのは、江戸時代のこと。檀家(寺請)制度にともなって普及しました。
「葬儀で僧侶が引導文を読み上げないと成仏しない」、また「故人に戒名が必要である」という考え方は、仏教の開祖である釈尊(釈迦・仏陀)の考えにはありませんし、仏教の本義に照らして正しいものとはいえません。
導師は、友人の代表(儀典長)が行います。

友人葬

このような友人葬については、以下の記事のように創価学会員だけではなく、
非学会員の方からも問い合わせがあるようで、広がりつつあるようです。

友人葬

そもそもお母ちゃんが熱心な学会員であるわたしは、
子供の時に「友人葬」という言葉は知りませんでしたが、
参列したお葬式ではお坊さんがお経をあげているお葬式(普通のお葬式)と、
スーツをきた普通の人がお経をあげているお葬式(友人葬)があったように思います。

子供だったので深く考えずに、地域や家族の習慣や好みの違いでそうなっているのかな、
くらいに思っていましたが、今考えると学会員の葬儀は友人葬で行っていたのかと思います。

そんなわけで、小さな頃はあまり意識したことがなかったのですが、
社会人になってから友人葬の意義を実感したことがありました。

家族の知り合いが亡くなったのですが、あまり親族や知人がおらず、
通常の葬儀では準備が難しい。
もしできても参列者もほとんどいない寂しい葬儀になるのではないかというような話だったと思います。

その時に母が創価学会で友人葬をやろうという話をしていました。

詳しくはわかりませんが、母とそのまわりの創価学会員がスクラムを組んで、
お経を唱える方をはじめとして、会場設営や参列者などいろんな手配をしたようです。

亡くなった方とそのご遺族は創価学会員ではなかったようです。

そのため手伝っている学会員や参列している学会員は故人と生前は知り合いでなかった人もいるように見えました。
しかし、皆「友人葬」に協力して、しめやかながらもしっかりとした葬儀を行うことができていました。

その後、ご親族の方が入信されたのは否かはわかりませんが、
手伝った学会員の方々にはとても感謝されていましたし、母とも親しくされているような気がしました。

ちなみに費用は詳しくはわかりませんが、
お経をあげた方をはじめとして葬儀を手伝った学会員の方は無償で協力していたと思います。

友人たちが協力して行うことで通常より経済的にできるようです。
(冒頭紹介したネット記事にも経済的であるとありました。)

この「友人葬」はわたしは非常によい仕組みだと思います。

学会員だからというよりも、個人的な好みなのですが、
もともと自分の結婚式でも神前式よりも人前式を選ぶタイプでした(当時学会員ではありません)

知らない牧師さんにお祈り頂くよりも、
これまで自分を支えてくれた家族、友人に祈ってもらう方が自然な気がするからです。

なので、葬儀についても会った事のないお坊さんよりも、
故人をよく知る友人に祈ってもらうのはむしろ自然なことのような気さえします。

ただ、家族内で学会員と非学会員がいる場合に、
故人が非学会員にも関わらず遺族の意向で創価学会の友人葬で見送られることに違和感を覚える方がいらっしゃるかもしれません。

故人の生前の信仰と関係なく、「南無妙法蓮華経」と見送るのが良いのかは考えるべきところかもしれません。

ただ、宗教に対する帰属感が薄い日本で「友人葬」という形態は馴染みやすい気がしますし、
家族親族とのつながりが希薄になる中で、個人では十分な葬儀を開けない場合、
その友人たちが協力して葬儀を開くという形は、これからの時代には合っているのではないかと思います。

(よくある疑問シリーズ次の話はこちら